リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたこと、まわりの悲喜こもごもをつづります

築古の鉄筋コンクリート物件はどうなるのか?-不動産投資攻究ー

時間を見つけてはとある人のブログを見るようにしています。

整形外科医のブログ

 

日常診療における考査もすごいですが、不動産に関するものは医師レベルではありません。

 

ところで、今回は不動産です。

最近時間がないので、不動産屋さんまわりはできていませんが、ネット上での不動産屋さんまわりはしています。約20年~25年くらい経過した物件が高値で売りに出されていることが多くなってきました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

40年からの年限で建て替えられていることが多いようですが、どうもそれはコンクリートの寿命によるものではないようです。

海沿いなどで浸食の進みやすい地域を除き、もともと

鉄筋コンクリート部材の効用持続年数として、一般建物(住宅も含まれる)の耐用年数は120年、外装仕上により延命し耐用年数は150年

大蔵省主税局、1951

とあるとおり、もともと100年が想定されていて、さらに最近は200年コンクリートも実用化されているようです。

 

  • ではなぜ40年で建て替えられるのか??

一つは耐震性の問題がある。1970年台の高度成長期に建てられており、現在の耐震基準からは到底許容できない構造になっていることがある。補修ができる範囲のものと不可能なものは建て替えになる。

 

一つは1970年代のコンクリートには海砂が使われたことがある。鉄筋の浸食により想定をはるかに下回る強度・耐久性しか得られず、欠陥マンションになっているものが多くあることになる。 これは社会問題にもなった。

 

修繕に対する考え方が甘かった時代のマンションが多い。欧州のように、1800年代の石造りのマンションなどが、現存することはこの日本では珍しい。現地では修繕を繰り返して、大切に建物を使用するが、日本では管理組合の結成、積立金の準備がない物件が意外と多くある。 中古物件の外れ玉としてこの件は有名である。

 

古い物件は間取りが悪いものが多く、床下などの構造も欠陥を伴っていることが多い。したがって、修繕よりも建て替えの方が安易に可能な状況にある。

 

また意外と容積率を使っていない物件が多いため、建て替えを行う際に住居を増やすことにより建て替え費用をねん出できる。

 

  • ではこれから建て替えはさらに進むのか??

実はそうとも言えません。

これまで建て替えできた方はむしろ恵まれているケースです。

費用が捻出できたわけですから。

 

これからの多くは、費用も出せず、入居者が激減していき、積立金もなく、といった3重苦の物件が増えることが予想されます。スラム化もあり得る話です。

これが利便性がよい場所であったりすれば、リノベーションもかもうかもしれません。

 

これらのことを考えると、建て替えは進まないという風に考えられます。

 

いざ建て替えの時には自分が何年住んだかは考慮されませんので、

古いマンションの購入を検討するときは「あと何年住めるか」といった点が気になるだろうが、残念ながら明確な答えはない。”

このことを肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

建て替えが容易な軽量鉄骨を買って、2段階で考えるか、修繕し続けられる物件を選ぶか。まだまだ攻究が必要です。

 

高度のスワンネック変形の未解決課題  内在筋腱のことばかり考えていると痛い目を見たという事例

なんだか最近、尺側偏位 + スワンネック変形ばかり手術しています。

症例にはなんだか、ブームのようなものがあり、全部が均等には来ないです。

 

いい効果もあります。

罹病期間と変形の程度が相関しないということがわかってきました。

 

拙書 

orthopaedicrheumatologist.hatenablog.com

 

orthopaedicrheumatologist.hatenablog.com

 

でも書きましたように、同じMP関節罹患の病変ですので連動するのも当然です。

では、以下の手は同じ 尺側偏位 + スワンネック変形 ですがどう違うでしょう?

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170622130550j:plain

 

母指変形は除外してください。

 

実は、左2つは総指伸筋腱の脱臼がきつくないんです。 

右2つは10年以上脱臼しています。

 

そもそも尺側偏位では何が起きているのか?

 

尺側偏位では、MP関節炎により橈側側副靭帯と関節包の弛緩により基節骨の掌側亜脱臼が生じます。

 

同時にexpansion hoodの弛緩を生じ、intrinsic muscleが掌側へ滑り落ちます。sagittal band自体も緩むと私は理解していたのですが、意外とそこまで弛緩していない症例も見られます。

 

hoodの弛緩により、総指伸筋腱の尺側脱臼を生じます。

これらが複合的に起きて尺側偏位は発生・進行します。

 

掌側に脱臼した基節骨により、内在筋の支えとなる部分がなくなりますので、拘縮はより進行し、スワンネック変形を合併する・・・・

 

そんなシナリオが予想されるので、

筋の繊維化/拘縮は

内在筋 >> 外在筋

で、内在筋の合わせで骨切りをしたら外在筋は長さが余る。と考えていました。

 

しかし先日の症例で、見事に予想を上回られました。

外在筋の脱臼がきつい症例では、外在筋も長さが足りないのです!

 

・その結果、いったい何が起きるのか?

 

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170622161002j:plain

外在筋があまりに長さが余ると伸展力が伝わらないので、むしろ腱をadvanceしてテンションを上げるために腱固定を行うほうが一般的です。

 

しかし今回はMP関節上に載せて、さらにMP関節の十分な屈曲を得るには腱延長が必要でした。では腱をretrogradeしたいところですが、PIPで中央策の緊張↑ になるので、連結している繊維により側索が背側に引き上げられ、PIPは反張してスワンネックが増悪するのです。

 

・どうすれば事態を回避できる??

 

では腱延長はどうするかというと、筋腱移行部は前腕ですの見えていませんし、術野の伸筋腱はどれも幅5ミリ程度、厚さ2ミリ以下です。

Z延長を当科の方針で基本にしていますが、延長部がちょうど腱固定部かhoodの縫縮部になってしまうので、施行はギャンブルになってしまいます。

結局、この症例は骨を2ミリ切り足して何とか腱の中央化ができました。

 

腱のテンションはその時点ですでにMAXですので、

advanceもretrogradeもできず、vivoのままで固定しました。

そのため、軽度のスワンネックが内在筋マイナス位では出てしまっています。

 

 

後で考えれば、lateralband mobilization法を行うべきであったかもと気づきました。

連結繊維を切って、新しいバランスの再獲得を狙う方法です。

 

ここまで考えて手術にとなると、次は皮切の問題が大きくのしかかります。

 

今回はここまで。 続きは落ち着いたら書きますね

 

#尺側偏位#スワンネック変形#内在筋腱#伸筋腱の脱臼#腱のテンション#腱中央化#mobilization

TOEICの結果は思ったよりショボかった

進む道の選択にもよりますが医師に英語はマストアイテムになっています。

 

5年前に仕方なく始めた英会話通いで、仕方なく受けたTOEICの点数が580点でしたので、5年間で100点しか上がりませんでした笑

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170621093735j:plain

 

私は日本人の患者さんだけバリバリ診て、ある程度稼げたらいいのじゃ~っていう方でしたらいらないと思います。

しかし医療の進歩、特に機器と技術の進歩についていくには、英文の文献をきちんと検索をして読解し、思索を巡らせるだけのスキルが必要です。

ひとによっては、「誰かがそれを読んでまとめて、講演などでしゃべってくれるから自分はわからないで良い」という考えの医師もいるかもしれません。

 

しかし私はこう思うのです。新しい情報を自分の力で考えて読み解いて、新たな自分の意見を持つことができなければ、それは・・・

池上彰の~~~」だけを見て、世界を語る ようなもんです。  

一つの意見だけを丸呑みして、自分を構成することの危険性を早く知った方がいい。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170621094600j:plain

 

話がそれましたが、結局5年間で100点だけしか上がらなかったことに反省です。

軽自動車一台分くらいの金額をかけたのに、月に1回も行かないときが何年もありました。大きく反省です。

 

先日同期のエース君は言いました。

目的意識なく生きてはいけない。

 

特にリスニング能力が私は劣るようですので、頑張っていろいろ聞こうと思います。

明石のタコはまだ渋い 新子が大きくなる7月まで待て

1年ぶりに明石にタコ釣りに行ってきました。

梅雨入りしましたが雨はほとんどなく、船上は過ごしやすい温度でした。

初夏に行くとほとんど地獄です笑

 

しかしタコのノリは渋く、あたりすらありません。

8時間粘って、何とか5匹。

全く元は取れませんでした。最大は800gが上がりました。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170619100755j:plain

 

時期的にも、新子が乗り始めてきており、ちらほら上がっていました。

あたりは小さく、本来なら抜けてしまうのですが、最近の餌木は針が多く、乗ってしまいます。

しかし、次のような問題が近年悪化しています。

oretsuri.com

私は釣り船に乗って、漁業者の権利内で釣りを行っています。

しかし、大都市から近いこともあり、一般人の参入が過剰のようです。

今の時期の新子は未来の財産です。

ルール上も、

・一人10匹まで

・100g以下はリリース

・1~5月、10~12月と海の日(今年は7月18日)は捕獲可能

と決まっています。

 

上記のサイトでは、釣り泥棒とまで言われています。

われわれのほうのマナーを考えないといけません!

 

 

他県遠征によって得られるものは何か?

管理人です。

学会シーズンが終わったと思ったら、各地で講演会、研究会、勉強会が目白押しです。

まあ、学会のない時期を選んで催行するので、当然かもしれません。


f:id:orthopaedicrheumatologist:20170617163041j:image

ホームページを見て、見つけた会なのですが、医師限定物より味があるかも

って思いまして、一念発起して車を出しました。

 

アンサーパッドを用いる口演もあったり、意外と学会形式なことに驚きました。

そして、看護師・理学療法士の参加が多い(70%くらい?!)ことにびっくり

私の県では見られない熱心さです笑

 

まさに、リウマチのチーム医療を地で実践している会といって過言ではありません。

私の県では、政治が先に入ってしまって、勉強会の中身はあまり重視されません・・

遠征で得られるものは、実は患者本位の医療の基本に立ち返る効果でした。

 

この研究会の良い点を挙げようと思います。

・目線が徹底的に患者である

・参加者がメディカルスタッフがほとんどを占めている

・政治色がほとんどない

・学閥間を超えた連携が行われている

・夜景がきれい

・懇親会の食事がおいしい笑

 

着ているだけで痩せるシャツを試してみました。

最近、ストレス食いと飲みがたたって、デブまっしぐらの管理人です。

私の体重を知ってか知らずか、Facebookの広告欄などに、こんな広告が次々と・・・・

 

ために買ってみました。どれだけ心が弱いのか・・・笑

 

サイズが小さめになるので、肩回りは完全に抑え込まれた感じになります。

無意識に全身に力が入っています。

他のサイトのとおり、これだけで腹筋の効果などは全くなさそうです。デスクワークの時には、なんとなく集中力がそがれた気がします。

 

私も少なくてもこれで痩せた気は全くしません。

 

ただ、一度夜寝る時に着て見ました。

なんだか、疲れがたまる感じで、全然回復しないのです。

眠りも浅く、寝た感じが一切しません。

つまりはなんだか体は負荷を受けているのは間違いない。代謝が上がる?のか?

一度代謝測定装置に入って、自分の代謝量を確認したく思ってしまいました。

 

また、おなかや胸は、逆に見る側からするとよりおっきくなったように見えます。

やっぱり気休めでしょうか??

 

臓器移植と膠原病の組み合わせが最悪なわけ

最近、あまりに非典型的な関節炎(?)の方の診察を頼まれます。

 

特に原因はないのに、手や指が痛くなる。腫れる。

整形外科を受診する。 リウマチの検査を受けて、ACPAが検出される。

そして診察依頼が来る。

 

しかしなんだか、症状と抗体価、CRPと局所所見があわないんです。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170616152450j:plain

単関節のみで、CRP1弱、関節破壊はありません。

なのに半年も腫れたままのようです。しかも指節間も腫れているような・・

ACPAも15くらい。陽性といえば陽性ですが・・・

エコーを行ったところ、関節もですが、腱周囲に炎症が見られます。

 

何より単関節なら、感染を除外しなければいけません!

一応seropositiveですが、心を鬼にして治療前に生検をお勧めしました。

 

かなり患者さんには気分を害されたようですが、、、、確かに診断がなかなかつかないといい気分はしませんよね。結構、私が苦慮して決断をしていることは全く意に介さない暴言をかなり吐かれました。。。

 

結果としては・・・病理所見でリンパ濾胞の形成が確認され、無事にリウマチの診断に至りました。

 

何がこう、所見をぶらすのでしょうか?

結果としてはリウマチで、誤診ではないですが、治療が少し遅れたのは確かです。

この方も腎移植を受けておられ、ステロイドを含めてもともと免疫抑制剤を併用しています。それで、症状がマスクされて単関節炎に見えたのでしょうか??

 

そもそも腎移植患者は、リウマチの最大の武器であるMTXが使用できないうえに、われわれの使用量をはるかに超える免疫抑制剤を使用した状態で、外来に来られます。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170616153354j:plain

さらに診断もむつかしいとなると、最大の敵といってもいいかもしれませんね。