リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたこと、まわりの悲喜こもごもをつづります

オーストリアに本当に留学できるのか?

以前、オーストリア留学のための無犯罪証明書について書きました。

 

無犯罪証明書の取得は、はやめはやめが肝心と。

 

無理なく取れる方は、次に必要なのはアポスティーユです。

ドイツ語訳がいりませんので、費用負担と大使館への交通費でことが足ります。

 

私の留学について少し。

 

Medical University of Vienna(ウィーン医科大学)は、リウマチ学においては、ヨーロッパで最も進歩した聖地です。

基礎研究から臨床研究、大規模多施設研究まで、リウマチ界のスパースターが枚挙のいとまがありません。

 

最も有名なのは、Josef S. Smolen教授です。

現在のリウマチの薬物療法の治療戦略である、

Treat to Target strategyの生みの親です。

www.meduniwien.ac.at

 

私はミーハーなので、会いに行きたくなってしまったんです。

整形外科医なのに*1

 

知人の紹介を経て、慣れない英語のやり取りを行い、

何とか留学許可を得たのが、2月。

それ以降、秘書の方とのやり取りなんですが、まあこれが進まない。

 

3月末が締め切りなのに、急かすメールを送ってもむしろ、

「留学生が多くて忙しいのに!」と怒られる始末。

 

まだ今日の時点でも、教室からのLetterが大学本部に届いていないようです。

 

本当に行けるのでしょうか?

 

オーストリア#ウィーン医科大学#Smolen教授#手続きが公務員的

 

 

 

 

 

 

*1:+_+