リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたこと、まわりの悲喜こもごもをつづります

ここだけ押さえろ!EULAR recommendation 2016変更点 

管理人@福岡 JCR2017です。

 

無事にSmolen教授とも会え、自分の発表も終えたので、

心置きなく楽しめます。明日からも頑張れます。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170420184726j:plain

さて、題名のEULAR recommendation 生でSmolen教授のlectureを聞きました。

 

主な変更点とtipsを示します。

 

・Phase1では、MTX単剤投与とステロイド使用に変わった。

 特にIVやIMのステロイドの短期使用が推奨された。

・コンビネーション治療がadverse eventのため、推奨されなくなった。

・Phase2で、危険因子(RFやACPA陽性など)ある場合には、積極的にbDMARDsを使用する。できるだけMTX併用で。

・MTXが使用できないときには、TCZかTOFを考慮する。

・bDMARDsはどれも同じ。similarでも構わない。

・Jakinibもどれも同じ。(日本ではTOFのみ)

・Phase3になると、どれをどうしたらよいかのエビデンスはない。

 

聞きたての備忘録の代わりにアップさせてもらいます。

 

#EULAR recommendation 2016#Smolen#だいぶん変わった#ステロイドの適正使用