読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リウマチ外科医の徒然草

リウマチ診療を中心に過ごす外科医の、日々あったこと、考えたこと、まわりの悲喜こもごもをつづります

日本人は英語ハンデをしょって世界と戦う

以前にも書きましたが、私はオーストリア留学を予定しております。

 

必要書類の中にProof of language skillというものがあり、苦手な試験を受けることにしました。通っている英語教室を通して、TOEICを受けます。

f:id:orthopaedicrheumatologist:20170511001916j:plain

試験は来週末に迫っています。

本当なら英語教室に通い詰めて、さらに受験対策もして万全で望みたいところですが、邪魔があります(笑)

 

そう、日本整形外科学会学術総会」です。

整形外科医にとっては年間で最大の学会で、ここで発表することは一種のステータスでもあります。

またここでシンポジストをすることが、全国的な認知の証でもあります。

 

今回、私も発表があります。   あ、もちろんポスターですが。

 

なんでこんな大事な時に、英語なんて・・・ですが、医師は英語を避けて通れません。 今日も自分が担当している臨床実習の医学生と話していて、英語が難しいけど後回し。。。彼も、自信がなく、将来要ることはわかっているんですが・・・と言っていました。  彼は有名私立高校卒業ですが、こんなもんです。これが一般です。

 

なぜ、いい研究をしても、日本人は英語にするというハンデを背負って、外国人は自分の言葉で書いてOKなのでしょうか?

 

ひとまず気を取り直して行きましょう。

明日は開ける。きっと。